に投稿 コメントを残す

憧れのジョン万次郎!世界の殿方達とすべて女性達に贈る!

Genden-TukuRich®︎の世界へようこそ!vol.131

憧れのジョン万次郎!

この頃よく昔のことを思い出す

今日みたいな雨の日だ!小学校を病気で休んでいた時のことだ!

朝食を取り薬を飲んで床についた。

ウトウトしたが寝付けずテレビをつけた。

何チャンネルかは忘れたが。。

土佐沖合で船で遭難にあい、漂流しているところをアメリカの捕鯨船に助けられた若者のドラマが目に飛び込んできた!

ジョン万次郎だ!

親から離ればなれになり幼心には計り知れない傷心があったに違いない。。

それを物ともにせず英語を覚えアメリカの学校も首席で卒業出来るまでに成長していく。

ジョンマンがアメリカで育った家

アメリカの育ての親は漂流していたところを助けた船の船長である。

この夫妻に感謝しながら毎日を明るく生きていった。

彼の目には大海原の太平洋が見えていたに違いない。

夢と希望を胸に

日本と言う鎖国の国から漂流してアメリカと言う自由の国で育ち、日本にはない文化を学び、体験し、暮らした彼の思いは母の待つ日本に、この素晴らしい文化を伝えたい気持ちに変わっていった。

そのうちに遠洋漁業にも出るようになりハワイやインド洋、彼が漂流していた太平洋にも足を伸ばしていく。

母国日本への思いは段々強くなっていく!!

確かドラマはここまでで終わりだったと思う。

ハワイ〜上海〜琉球(沖縄)〜薩摩〜長崎〜土佐こういった経由で日本に帰国してから1年半かけて生まれ故郷の土佐清水に帰っている。

土佐清水の生家

土佐藩アメリカ文化の継承者として取り上げられ後に

黒船来航時にアメリカの知識を幕府が必要としていたため旗本として迎えられる。

日米修好通商条約を結ぶため勝海舟、福澤諭吉などと渡米している。

帰国後の日本に与えた影響は計り知れない人物である。

坂本龍馬、福澤諭吉、岩崎弥太郎など影響を与えている。

日本人初と言うタイトルでは、

  • ABCの歌を伝えた。
  • 日本で初めてネクタイを使用
  • 日本人で初めて蒸気船、鉄道に乗った。
  • 日本人で初めてアメリカの学校に通った。
  • 日本人で初めてアメリカ合衆国に渡った。
  • 日本人で初めて近代捕鯨に参加した。
  • 日本人で初めてゴールドラッシュに参加した。

また、開成学校(現・東京大学)の英語教授でもあった。ペリー来航時の通訳でもあった。

ともあれ、我輩が幼少期に見たドラマの『大海原を見つめる輝いた目のジョン万次郎』は今だ脳裏に焼きついている。

幼少の我輩はアメリカに浪漫・夢・憧れに胸を膨らませあのドラマを見ていたと言えよう!!

uTuTu^^Labelサイト! https://ututu.net/?page_id=479(新しいタブで開く)

tunecore配信中!     https://www.tunecore.co.jp/artist/the-dog-John

WIXサイト配信中。  https://ututumyou8.wixsite.com/website

YOUTUBEサイトhttps://www.youtube.com/channel/UCE5pdJ63hildxHCNnQzWFeQ/u uTuTu

に投稿 コメントを残す

ルイアームストロング♫ 世界の殿方とすべての女性達に贈る!

Genden-TukuRich®︎の世界へようこそ!vol.123

ルイアームストロング

やはり、ニューオリンズへの旅はサッチモ、彼を抜かして語れない。。

一枚のレコードが我が家にある。

父の肩身として家にあった。我輩が幼い頃に父がいきなり近くのレコードショップから買って帰ってきたのがこの一枚のレコードである。

これだ!

サッチモ!!

彼の歌う時の独特の口の開き方が”Such a mouth”(がまぐちのような開き方)からサッチモのニックネームは来ている。

デキシージャズの中でも何とも言えない『気持ちが晴れやかになる』彼のトランペットの音色が我輩は好きである。。

それ以上に、『歌う時の表情』が我輩は大好きだ!『楽しそうに語りかけてくれる』表情である。

サッチモにはこんなエピソードがある。

初期の『Heebie Jeebies』でスキャット(シュドゥビ・ダバダ)の唱法を編み出した。録音中に歌詞を忘れて歌ったのがきっかけだったようだ!!スキャットの誕生である!!

楽曲は挙げればキリがない。ラヴィアンローズ、この素晴らしき世界に、ムーンリバー、 When The Saints Go Marching In(聖者の行進)、Bluebelly Hillいっぱいある。我輩が好きな楽曲は『Black&Blue』である。

中でも『ハロー・ドーリー!』はBeatlesを抑えての全米No.1である。

今でも聞くと嬉しくもあり、楽しくなってくる。デキシージャズは元気の源と言ったところか。。

そう言った意味では、こういう音源に出会えて幸せだったのかもしれない。

昭和の時代、こんなオシャレな音源を聴いていた父を誇りに思える。幼心にこの音源が耳から離れなかった。殿方達もこんな楽曲の思い出は残っていないだろうか?

ニューオリンズはバーボンストリートも有名だ!

この話は次回にしよう!

uTuTu^^Labelサイト! https://ututu.net/?page_id=479(新しいタブで開く)

tunecore配信中!     https://www.tunecore.co.jp/artist/the-dog-John

WIXサイト配信中。  https://ututumyou8.wixsite.com/website

YOUTUBEサイトhttps://www.youtube.com/channel/UCE5pdJ63hildxHCNnQzWFeQ/u uTuTu