太平洋戦争の大嘘を読んで!世界の殿方!とすべての女性達に贈る!

Genden-TukuRich®︎の世界へようこそ!vol.151

太平洋戦争の大嘘を読んで!

トラトラトラ!という真珠湾攻撃の映画を見たことがある!

日本側から見た映画である。

英雄視され、零戦だったか爆弾積んで敵地に突っ込んでいく

当時は幼少期でもあり父と見に行った映画の一つである!!
戦争とはこんなに英雄視されるものなのかと見ていた!

この書籍はアメリカが仕掛けた罠に日本はまんまと引っかかった名も無き兵士達が死んでいった戦争であったことが書かれていた!

日本は本当は太平洋戦争はやらたくなかったのだ。

何故か?

イギリス、フランス、イタリア三国同盟に中国、ソ連が加担しアメリカと日本の直接対決を傍観しようと言う計画にまんまとはめられたのだ!

アメリカは世界恐慌の後の為、戦争をしたくて仕方なかった。戦争をやれば武器が売れ経済が安定するからだ!そしてアメリカは中国と言う人口が欲しかったのだ!

この時代ドイツはヨーロッパの大半と北アフリカ、ソ連の一部までも支柱に収めていた!だからイギリス、フランス、イタリア、中国、ソ連はアメリカに戦争に参加してもらいたかったのだ!

日本は真珠湾ではなく東南アジアへ目を向けていれば原子爆弾を2発も落とされることにはならなかったであろう!!中国の南京、朝鮮半島は現在とはまた違っていたであろう。それが誇らしいと言うのではない。

だが、日本はアメリカと戦争をやらざる方向に追い込まれた。

そして開戦!

太平洋戦争はやるべきではなかったともこの著書には書いている。

そして、喜んだのは中国とソ連であった。どちらも共産主義の国である。

太平洋戦争策略の裏の裏でスターリンの構想が明らかになる。「世界を共産主義に変える」という!

この夢が実現化していく。現に太平洋戦争が終焉をむかえた。

その結果、共産圏は東ドイツから朝鮮半島まで広がった。

この書籍にはこんな内容が赤裸に綴られる。

是非読んで見て欲しい!

戦争とはなんなんだろう?己の私欲、国の私欲がうごめいている悪でありサタンである!!

今回のブログは敢えて細かく執筆するのはやめ、本を手にとっていただきたいと思う。各国のことは執筆してあるが我輩個人的にはすべての国が己心に住み着いた悪に対してであることを理解して欲しい!!

戦争は2度とあってはならないと思う!

uTuTu^^Labelサイト! https://ututu.net/?page_id=479(新しいタブで開く)

tunecore配信中!     https://www.tunecore.co.jp/artist/the-dog-John

WIXサイト配信中。  https://ututumyou8.wixsite.com/website

YOUTUBEサイトhttps://www.youtube.com/channel/UCE5pdJ63hildxHCNnQzWFeQ/u uTuTu

広告

uTuTu^^

自由人
アーティスト(作詞、作曲)
ミュージシャン
グログ 
雑貨小物デザイン

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。