Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/ututumyou/ututu.net/public_html/wp-content/themes/blossom-fashion/inc/typography.php on line 317

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/ututumyou/ututu.net/public_html/wp-content/themes/blossom-fashion/inc/typography.php on line 318
Genden-TukuRich®️の世界へようこそ! uTuTu^^ Label

忌野清志郎 ある日作成しよう。。世界の殿方!すべての女性達に贈る!

Genden-TukuRich®︎の世界へようこそ!vol.104

忌野清志郎 ある日作成しよう。。

言わずと知れたRCサクセションのボーカルだ!

無くなって10年以上経つ。。つい最近と思いきや結構経っている

居なくなっても未だ音楽だけは我輩の心に生き続けているアーティストの1人だ!

彼の詩は抜群のセンスだ! 凄すぎて理解に苦しむ理解に苦しむところもあるが。。。。

好きな曲の中でも『よそ者』と言う曲がある。殿方達はご存知だろうか?

俺たちよそ者。。何処にいたって

だからさ、そんなに親切にしてくしてくれなくても

良いのに。。

よそ者』より

最高である〜!どうだろうか?

彼のバラードの中では『スローバラード』が一番に取り挙げられよう!

我輩は『よそ者』だ!これだ!

https://youtu.be/8pMjshPKPbs

あとロックで有名なのは『雨上がりの夜空』『トランジスタラジオ』が挙げられよう!

だが当時我輩は、ブルーズやロックンロール、ロカビリーが好きな輩だったので、ストレートなナンバーが好きであった!この曲達の良さが解らなかった!申し訳ない。。。

特に『自由』『ドカドカうるさいロックンロールバンド』はシンプルで好きだ!

一応、購入先を添付しておく。。

ここで付け加えて言っておきたいのはこの曲達の仲井戸麗市のギターは好きなギターワークだ。。

どちらも後期のアルバムに収められている。

前期(フォーク時代)、中期の楽曲よりも、後期のアルバム『Ok』、『Feel So Bad}を好きな1人だ!!

『お墓』、『指輪をはめたい』はOKのアルバムに収められているが前期に既にあった楽曲だ!知らなかった。。『お墓』は愛犬の事を唄った様だ!

ある日作成しよう』からRCサクセションと言うバンド名はここからきた。と彼は語っていたが、これは適当に悪びれて彼が後から使った言い回しだ!

本当は、昔組んでいたバンドが『ザ・クローバー』でありその後のバンド名が『メインダーズ・オブ・ザ・クローバー・サクセション』である。

余談だが、知ってる人はしてるが、彼と俳優の三浦友和は40年来の友達あり同級生である。

メインダーズ』の頭文字と『クローバー』の頭文字を並べればRCとなる。後は『サクセション(継承)をつなげれば『R・C・サクセション』となるのだ!!

これは知らなかった!!

我輩も歌詞を書く時、かなり彼に影響を受けた!歌詞が頭に残っているのだ!

Song by Genden-TukuRich®︎ Apple music、Spotify 等で配信中です!!

https://linkco.re/N1X1HByg Come on baby!! New release

https://linkco.re/mu0traRS Long LongTime !

https://linkco.re/deFY2BZC Lonely Late Summer

https://linkco.re/ng2zSc05 Nuddy summer ~I will be with you~

https://linkco.re/Du9MuMRC Good-bye my loving you

https://linkco.re/D2XDE5yR Hey! my little baby

https://linkco.re/yf1z0D0Q Up&Down

https://linkco.re/mc9Mqmg7 9 to 6 working

https://linkco.re/r0ThnPvn CHICKEN DUCK BOOGIE!

オリジナル楽曲YouTubeのURL

広告

投稿者について

自由人
アーティスト(作詞、作曲)
ミュージシャン
グログ 
雑貨小物デザイン

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。