世界の殿方!とすべての女性達に贈る!図書館巡り

Genden-TukuRich®︎の世界へようこそ!VOL.22

この前、久しぶりに図書館へ

行って来た。

この地域で4層ある最大の図書館だ!

何を借りようかとかないノープランで行ってみたが

とんでもない書物の量に舌を巻いた!

レトロの写真や歴史、時代を探って見たくなりペリー来航から開港時代の写真などを見てみた。

目に止まったのが「浜のメリーさん」だった!

伊勢佐木町に実在した人物の物語りだ!

歳をとっても現役で外人相手の娼婦をやり続けた人だ!

伊勢佐木町はジャズが似合う!

メリーさんも若い頃はこの界隈で

娼婦としてブィブィ言わしていたようだ!

その頃の光景が目に浮かぶ!

音楽シーンにとってはアメリカかぶれの

良い時代である。

浜のメリーさんに一度だけ伊勢佐木町の入り口で見かけた事がある!

もうかなりの歳で顔は真っ白な化粧でマドマーゼル風なレース調の全身白のスタイルで日傘も白だった!

気品高いイメージを受けた事を

覚えている!

知人に聞くと「浜のメリーさん」だと伺った

あのインパクトは長年たった今でも記憶している

そうした経緯からこの図書館で見てみたかった。

内容は写真をメインにプライベートを追いかけた作品である。

「浜のメリーさん」は住処を持っておらず伊勢佐木町近くのビルの階段の踊り場みたいな所で寝泊まりしている様だった。

さすがにお客は取っていない。

外人客も減り、歳を経たのもある理由である。

伊勢佐木町の雰囲気がしっかりと出ている

作品であった。

図書館の階を変えて小説を探した。

小生は販売書店で本を選ぶ時、いつも直感で決める。

棚をザッとみてタイトルとジャケットをみて直感で本を取り上げる。

「目次」から流し読み、「はじめに」を読み「後書き」を読む

そして本題に入る。

大事なのは本題を読み始めて

すうっと内容に溶け込めるかが

大事だ!

ふと、目に止まったのが

「コーヒーブルーズ」であった。

小路幸也さんの作品である。

タイトルが気に入り目に止まった

出だしはコーヒーの香り漂う店内だったか!

これだけで次の展開が気になる!

まっ!いつも小生の本選びはこんな感じの直感で選んだ物が家の本棚に並ぶ事になるのだ。

小生の図書館巡りも時間が来たので

この辺で終わりにしよう!

コーヒーブルーズの事は近い未来に書こうと思う。

最後まで見て頂きありがとうございました!

uTuTu^^Labelサイト! https://ututu.net/?page_id=479(新しいタブで開く)

tunecore配信中!     https://www.tunecore.co.jp/artist/the-dog-John

WIXサイト配信中。  https://ututumyou8.wixsite.com/website

YOUTUBEサイトhttps://www.youtube.com/channel/UCE5pdJ63hildxHCNnQzWFeQ/u uTuTu

広告

uTuTu^^

自由人
アーティスト(作詞、作曲)
ミュージシャン
グログ 
雑貨小物デザイン

おすすめ記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。